2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2013.06.18 Tuesday 10:57

    お知らせ

    突然ですが!

    ブログをお引越しすることにしました。

    これからは

    http://hanaokisbookshelf.blog.fc2.com/

    でよろしくお願いします*^ω^*



    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2010.02.12 Friday 22:55

    乱鴉の島


    有栖川有栖
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    友人の作家・有栖川有栖と休養に出かけた臨床犯罪学者の火村英生は、手違いから目的地とは違う島に連れて来られてしまう。通称・烏島と呼ばれるそこは、その名の通り、数多の烏が乱舞する絶海の孤島だった。俗世との接触を絶って隠遁する作家。謎のIT長者をはじめ、次々と集まり来る人々。奇怪な殺人事件。精緻なロジックの導き出す、エレガントかつアクロバティックな結末。ミステリの醍醐味と喜びを詰め込んだ、最新長編。
    ********************

    4年ぶりの火村シリーズだそうですね。前から持ってはいたんですが、ハードカバー読むの苦手なので放置でした。
    もったいないなあ。
    で、アマゾン見たらすごいこと書いてありますよ。
    『精緻なロジックの導き出す、エレガントかつアクロバティックな結末。』
    なんだエレガントかつアクロバティックな、って。そんなんじゃなかったぞ。
    ま、順に感想いきましょか。
    子供アリスがT字路で迷う話、まあ当たり前といえば当たり前なんですけど、改めて言われるとはっとしますね。狐に化かされたみたいな気にはなるね。
    第一章、いきなり助教授登場です。でももう準教授なんだよね。なんかきもちわるい。火村先生には一生助教授でいてもらいたい。どうせ講義休んで警察とつるんでばっかいるんだから、教授になんかなれないわけだし。笑
    で、かなりお疲れな火村先生が、下宿のばあちゃんのすすめで知り合いの民宿に行くことにします。
    しかし何をするのも億劫そうで、物憂げでアンニュイな先生、私なら一生眺めていたいけどなあ。
    なんかちょっと嫌がるんだけど、ばあちゃんが「独りではつまらんかったら、有栖川さんでも誘うて」とか言った後は打って変わって不思議と行く気になってます。ああもう、ウリになりたい!
    そして島に着いてみたものの、なんか無人島みたいに変な場所です。
    なのに。
    「みんな村祭で出払っているのかな」
    「島の反対側で、秘密の儀式の最中なのかもな」
    やっぱりこいつら、妙なこと言い合ってます。そういうとこが好きすぎるんだ。
    それからひとに出会い…
    「訪ねる家を間違える人はいるけれど、島を間違えるというのは豪快すぎる。――――本当ですか?」
    そう、どうやら島が間違っていたらしい。んで、財津さんにこんなこと言われてしまいます。そりゃあ、豪快すぎるよ。
    そして、そこの家の人に電話借りてかけたときの火村。この男の慇懃無礼は何か企んでそうな雰囲気ありますよね。別にそういう裏読みをいちいちしてるんじゃないけど、そういう雰囲気がある。っていうだけ。というか、なんか冷たそうな印象になるんだよね。なんかもうとにかくアリスとしゃべってるとき以外。
    あ、で電話借りたとき。
    「とりあえず黒根島まで迎えの船を回してくれるよう頼んだら、『やってみます』だ。『やってみます』」
    ミ○リ電化ですかね。
    ちょっと怒ってますかねえ。火村先生。
    アリス相手だから感情が顕わになるのかなあなんて勝手な想像。
    『「これは傑作だな」火村が失笑する。「お前、児童向けの本を出していながら、小学生から『この人、知ってる』と言われて狼狽するなよ。これだからマイナー作家は困る」』
    火村先生すぐアリスの『小説家』『推理小説家』な部分をばかにするよねえ。
    そして、もう少しだけ進んだところで、この屋敷にいる人間をアリスが頭の中でカウントします。お、そろそろ何か起こる合図だな、と花住の孤島ものの定石的に考えてみたら、まだ人数増えた。
    推理小説ってある意味下地がしっかりしてないと面白くないのに、ここじゃ序盤すぎてまだ起こりませんよって考えたらわかるだろうに。
    ちょっとせっかちすぎました。
    「おじさんも何か小説を書いているんですか?」
    拓海にそう言われた火村。おじさん…。うん、いいと思う。
    でも先生の対応は丁寧ですよ。いい大人。
    しかも、
    「おじさんは大学の先生なんだ」
    と、ふつうにおじさんって言った!
    そして結局島で唯一人が住んでいる家の屋根裏に泊めてもらうことになるんですね。でも六畳ですよ!しかも隅にダンボール箱がいくつか積んであるとか。
    30越えた男がふたりで泊まるのにそれはせますぎないか!せますぎるよ!!
    でもアリスは気にならない狭さだって言ってた。…やっぱり火村だからかね。捗るね。
    『「火村先生は、やらないですか?」
    誘われてやがる。』
    なんだやがるって。かわいいな。
    『「お連れの方もミステリをお書きで?」
    「いいえ。私は畑違いです」
    火村は、そっけなく言った。それを訊いた初芝は、下唇を人差し指で弾く。
    「いいなぁ。渋くて味のあるバリトンだ。声優、やれますよ。そういう声の人、なかなかいないんだ」』
    ヘリで降り立ち、いきなり親しげに近寄ってきた初芝を、アリスは結構親しげに受け入れるけど、火村はそっけないです。
    一度でいいから火村先生のバリトン、聞きたいなあ。ガリレオでドラマ化できるなら、有栖川有栖なら余裕でできるしウケると思うんだけどなあ。してくれないかな。
    でも火村先生の声優は、……ないと思うよ。
    「(略)いつでもウェルカムですから、遊びにいらしてください。テレビもなくて、夜が長いですからね。――――有栖川さん、よろしく」
    いくら仲良くなれなそうでも、火村だって社交辞令で誘ってやれよと思わないでもない。
    露骨すぎるでしょ。そっち系のひとだと思われますよ。
    初芝にもモテて、子供たちにもモテるアリス。
    その後、初芝は一瞬アリスを諦めます。
    「犯罪学者の先生は、さすがに僕のビジネスと結びつかないな。パートナーになれそうなのは、有栖川さんだ」
    だとさ。本心かい。
    『初芝は左手をゆっくりと上げ、私の肩に置いた。触れられたところが、ぽっと熱くなる』
    …うおおいアリス!
    ま、ま、まあちょっと落ち着こうかと思っているとこへクローンて言葉が出てきます。SFか?って思っちゃうよね。
    いちおクローンについては、私の専門分野でもあるのでストーリーに関係なさそうな部分までちゃんと知ってるんだけど、知ってるからこそSFかよって思うし非現実的だなあって思う。
    技術的にはできるのかもしれないけど、私としては倫理的に、というか…。
    そして次の朝、アリスが起きると先生はもういなくなっています。なんと、朝っぱらから拓海くんにつかまってキャッチボールをしています。
    「火村先生、変化球、投げられる?」
    「俺は曲がったことが嫌いだ」
    そんなことを訊いてはいません。
    あとで、この様子を妥恵が「ちょっと気怠そうにボールを投げておられましたけど、それがセクシーでしたよ」とか言ってました。私も見たかった。
    で、みんな初芝の登場を怒ってますが、特に藤井先生が露骨です。でも怒り方が子供っぽくて、ちょっとかわいいです。
    ヒトラーのクローンとか、「放課後のカリスマ」かよ!みんな偉人のクローンが気になるなら、読んだらいいと思うよ。
    あ、はやく3巻買おっと。
    火村の人差し指で唇を触るくせも、セクシーですよねえ。見たいよ、ほんとに。
    あ、有栖川さんO型です。私と一緒。
    そうこうしているうちに、電話が繋がらなくなります。おおっ、孤島っぽくなってきた。
    なんかこのふたり、ほんとにいつでも一緒だなあ。仲良し。というか、探偵と助手はいつでも一緒じゃなきゃね。
    そしてやっとこさ事件発生です。
    初芝が泊まっていたおうちで、木崎さんが遺体となって発見されます。
    それまでのらりくらりとしていたぼんくら火村が、ここへきてやっとぱりっとのりの効いた感じになります。
    「(略)――――そっちもないか、アリス?」
    今作始めて火村がアリスをアリスって呼んだ気がします。違うかな?
    みんなで木崎氏死亡の原因を探りあい、猜疑心に満ちていくなか、どうしてこのひとらは真っ先に赤の他人の火村とアリスを疑わないのでしょう?
    姿が見えない初芝を犯人と信じて疑わなかったからでしょうかね。
    『「もうすぐだ。覚悟はできているんだろうな?」
    火村に意味不明のことを訊かれた。朝の散歩とバードウォッチングをするだけなのに、どんな覚悟がいるというのか。』
    言ってみようとアリスが言わなくても、火村先生は行く気で、その先に何があるのかまでわかっていたんですね。ここぞというときだけほんと無駄にかっこいいよ。
    で、崖の下に、死体があると火村は言う。その死体を見に行くために、崖下へ石段をつたって降りていきます。
    俺から行こう、と言ったアリスの内心を火村はあっさり見抜きます。
    「落ちるなら自分一人で、という気高い心掛けか。ありがたいな」
    「ああ、そうや。けれど、上からお前が落ちてきたら必ず身をかわしてやる」
    …それって、自分にもしものことがあっても、火村を巻き込まないようにっていう思いやりですか?
    うんむむむ。
    そして下の洞窟へ辿り着く。
    そこには火村の予想通り、死体があります。しかも、烏につつかれた初芝社長。
    そこでアリスには、『彼の後ろ姿が、何かに憤っているように見えた』とか。
    どうしたのかな。
    死体の検分をしているときの、『臨床犯罪学者は手袋を脱ぎ、立てた小指で唇をそっと撫でた』という仕草が!見たい!是非見たい!
    「失礼ですが、私に言わせれば怪しいのは有栖川さんと火村先生です。(略)」
    やっときたか。ふつう、初めに思うよ。本のこんな5/7あたりまで読み進めてやっとその台詞が出てくるとも思ってなかったよ。
    まあストーリーの展開上、ある程度大詰めまできたところでみんなに疑わせて行動しにくくさせたかったのかな。ちょっともどかしくなっちゃぜ、的な。なんて素人考え。
    『「さて」火村は髪を手で梳いて「大人の時間になりましたから、刺激的な話を始めましょうか」』
    なにおもしろいこと言ってんだろう。
    そこから火村もアリスも敵ばっかりつくっちゃってちょっとやりにくいですね。
    次第に風当たりが強くなってきて、なんかこのまんま殺されるんではないかなんて思います。確かに。
    でもそんな危険を感じる孤島ものってあんまり見たことないなあ。
    まあ、孤島ものって知らないひとがなんにんか集まって起こるよね、大概。それがベタだと思う。
    『財津はさらに袖をまくる。殴り合いを始める準備をしているわけでもあるまいし、興奮してくると腕まくりをしたくなる性癖の持ち主なのだろう』
    あ、わかるわかる。私もすぐまくります。
    「有栖川も知っていたのか。もっと早くに聞きたかったよ、俺は」
    「日常会話やないか。大した意味はないやろう」
    ありすがわ…。だと…。
    犯人探しの会議中、ほかのひともいるからかで、火村はアリスをちゃんと呼びます。
    それからの海老原の返答に苛立ってアリスを少し心配させたり、なんかちょっと今回の火村先生、感情の振れ幅が大きいです。こんなひとだったかな。
    もう暫くしてから、なぜか火村とアリスがキャッチボールなんか始めます。『白球に三十四歳の青春を懸けてる場合やないやろう』。うん、そうですよ。
    そして、解答編が始まります。
    推理があっていたらそのまま真実を葬るために殺されるんではないかとビビるアリスがちょっとかわいいですね。
    「(略)私は有栖川有栖の小説に登場する名探偵のごとく、これまで多くの事件の捜査に関わり、その解明に貢献してきた。名探偵なのでしょう」
    アリスもそう言ってるけど、火村が自分を名探偵と言うなんて、どういう心境の変化なのかな。ちょっと不安になっちゃうよね。
    ま、ここまできてクローンが関係ない、なんてことないですよね。個人的にはまったく関係なくてもいいんですけど。やっぱりクローンなんてSFみたいなくだらないことなくて、真実はこうなんです。事実は小説より奇なりってね。
    ってそんなオチでよかったんだけどなあ。
    推理ショーの途中。
    『やがて顔を上げた助教授は、テーブルを挟んだ財津に右手を差し伸べる。
    「あなたと握手がしたい。今の言葉に絶大な共感を覚えます。(略)」』
    たまにオーバーアクションだとは思ってたけど、こうも演技がかったおおげさなことするひとだったかな。
    ドクター、泣き上戸。まさかの泣き上戸。これもひとつのオチです泣き上戸。
    アリスと火村の絡み、すごくおもしろいです。ミステリ大好きです。
    でも、クローンは…あんまり好きじゃないです。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2010.01.31 Sunday 14:07

    聖女の救済


    東野圭吾
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。
    ********************

    東野圭吾はもう読まない!
    そんなこと言っときながら、貸してもらったので読む。
    けどなんか半分くらい一気に読んで、いったん飽きた。借り物でなくても読み始めたものはちゃっちゃと読みきる主義なので、とりあえず読む。
    まあ感想です。
    何故内海薫が出てきたんでしょう。
    そして内海薫はずっと内海薫だったな。なぜだ、と思ったら。急に薫になった。なぜか。そう、ガリレオ先生が登場したから。
    せんせい、ついにコーヒーメーカーなんてものを使うようになったんだね。
    「バドミントンの大会で優勝したら、賞品としてコーヒーメーカーをくれた。せっかくだからと思って使ってみたら、なかなか便利だ。おまけに一杯当たりの単価も安い」
    そんな淡々とした口調さえ好きです。私も相当だな。
    大きな欠点は、インスタントの味が出せないこと。おお、確かに大問題だ。
    「草薙さんは、恋をしています」
    それを聞いたときの湯川の冷静の失いようったら。どう考えてもこれは…。
    そしてその後の「女性の直感というものを、僕は信用する主義なんでね」と言うけれど、直感を信じる?私にはそれは、湯川らしくない、と思ってしまう。故なきものは信じない。そういう主義かと思ってたんだけど。愛とか恋とかくだらないと切り捨てるひとだと思うんだけど。あ、それじゃあ陛下か。
    ケトルについて話す湯川と内海、そして『湯川は満足そうに頷いた。』って、何か講義の途中に生徒を当てて、答えさせたあとの教授って感じだな。たぶん意識してるんだろうけど。
    湯川と内海がこそこそ真柴邸を再検証していると現れる草薙。草薙と出会った瞬間の湯川は…ちょっと虚勢を張っているように見えるよね。なんか。
    「警察には協力しないと決めた僕の知的探究心を、じつに見事にくすぐってくれるからだよ。草薙の恋の行方という、危険な香りのするスパイスまで効かせてね」
    湯川ってこんな台詞言うひとだったっけ?火村じゃあるまいし。火村ならいいけど、湯川は許せない!湯川より火村が好きだし、東野圭吾より有栖川有栖が好きなのである。
    っていうか、知的探究心より、草薙の恋のほうが気になってるんだと思うよ。
    そのあと、草薙に電話をかける湯川先生、なんと高飛車です。びっくり。湯川に使う言葉じゃあないと思ってたけど。
    あと、舌打ちするとか。福山に変換して考えたら、すごくいやだ。変換しなくてもすごくいやだ。
    あと、猫のエピソードは火村英生の専売特許です。だめです。
    「……前から言おうと思っていたんだが、ここ数年で君のウエストサイズは、どう低く見積もっても九センチはアップしている。・・・・・・」
    服の上からみてそんなんわかんのかい。湯川は、確実に草薙の裸を観察でもしてきたんですか、これまでずっと。
    東野圭吾のこういうところが嫌いだなあとほんとに今回思ったのは、広島駅で内海が福山雅治のアルバムを聞いていたシーンですかね。
    「内海、おまえの勘の良さは認めるが、少々想像を働かせすぎだ。そういうことは、もっと物証を揃えてからにしろ。それから草薙、いちいち反論せずに、まずは人の話を聞け。……」
    こういう喧嘩両成敗って言うか、お母さん的存在が好きです、なんだかんだ言って、結局仲のいい内海と草薙。
    解は虚数解。
    そんなのちょっとかっこよく言ってみただけで、正直何言ってんの?って、鼻で笑ってしまったわけなんですが。
    犯罪の真相は、必ずある。犯罪でなくても真相は、真実は必ず存在する。
    解法がない?それは解がないということではない。。
    確かに逮捕ということに拘るのであれば、解を見つけても立証ができずに燻って終わりかもしれないね。でも結局物証も見つけて、犯人は逮捕された。じゃあ、虚数解じゃない。
    だいたい、綾音がいきなり水びゅうびゅう出してた時点でちょっと引っ掛かったよ。
    花の水遣りを強調するところから、毒を洗い流そうとしている?ってのっけから思ったよ。
    草薙がわざわざ如雨露なんか買ってきて、すごくひっかかったよ。
    でも缶を保存していたって、それってちょっと気持ち悪くない?ストーカーかな?
    そして、草薙の失恋を喜ぶ湯川。
    宏美ちゃんはあんまり好きにはなれなかったな。内海もね。
    東野圭吾の本はほんとに突っ込みどころ満載でうんざりするけど、ガリレオ先生だけは好きなのである。またドラマやらんかな。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 1 / 59pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.