2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2009.12.21 Monday 14:01

    迷路荘の惨劇


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    広大な富士の裾野近くに、あたりを睥睨するかのごとく建つ、豪邸名琅荘。屋敷内の至る所に『どんでん返し』や『ぬけ穴』が仕掛けられ、その秘密設計から、別名迷路荘と呼ばれていた――。金田一耕助は、迷路荘到着直後、凄惨な殺人事件に巻き込まれた! 事件解明に乗り出した耕助は、二十年前に起きた因縁の血の惨劇を知り、戦慄する……。斬新なトリックと溢れるサスペンス、巨匠横溝正史の長編本格推理! !
    ********************

    なんか…。
    ちょっと長かったな。
    で、ちょっと途中から読むの苦痛?になってきて、どんどん読むペース落ちてきたりしてて。
    なんだろうな。私には洞窟の様子が想像しにくかったのとか、あと横溝作品て何故か私には登場人物ひとりひとりの印象が異様に薄くなっちゃうから途中で誰が誰だかわかんなくなっちゃうっていうか、そんなこんなでどんどん読めなくなっていくっていうかんじ。
    読みにくい原因は横溝作品に共通でいくつかあって、ひとつはその登場人物の覚えづらさ、もひとつは時代背景が現代と違いすぎる、けど年代的には少ししか違わないし、作者はこの時代に生きたひとであって、作者の現代を描いたものだから、時代背景に対する説明はもちろんない、そして私にはその理解や知識がないぶん、雰囲気がいまいち掴みにくい。そんなところ。
    そんなこと問題じゃないぐらいの魅力が金田一耕助にはあるし、それが問題になんかならず面白くて一気に読めちゃうときが多いけど、今回はその悪い部分がよく出ちゃったかなあとか思った。

    まあここまで偉そうに書いてきたけどとりあえず。
    犯人に対する金田一耕助の冷たさがかっこよかったですね。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.08.03 Friday 22:43

    本陣殺人事件


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    江戸時代からの宿場本陣の旧家、一柳家。その婚礼の夜に響き渡った、ただならぬ人の悲鳴と琴の音。離れ座敷では新郎新婦が血まみれになって、惨殺されていた。枕元には、家宝の名琴と三本指の血痕のついた金屏風が残され、一面に降り積もった雪は、離れ座敷を完全な密室にしていた……。アメリカから帰国した金田一耕助の、初登場の作品となる表題作ほか、「車井戸はなぜ軋る」「黒猫亭事件」二編を収録。
    ********************

    『本陣殺人事件』、『車井戸はなぜ軋る』、『黒猫亭事件』の3本。
    先2本読んでから最後『黒猫亭事件』を読むまでかなりの間が空いていたので、先2本の内容はあんまり覚えてません。笑
    唯一覚えているのはパトロン・久保銀造のかっこよさ……!!!!
    『黒猫亭事件』で、金田一耕助は風間氏の、いろ、とかゆわれてましたけどあなた正気!???
    金田一耕助ってつまり、つまりそうなの!?
    それにしても登場遅くなかった?
    てか出てきてスグぱぱっと事件解決しちゃったけど。
    てか金田一耕助エスパーだろ。とかたまに思う。
    だってあんな複雑なトリックエスパーか気違いじゃないと解けないって!?
    しっかしなにやらいつもと雰囲気違ったなー金田一耕助。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.07.12 Thursday 15:13

    悪魔が来りて笛を吹く


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    世の中を震撼させた青酸カリ毒殺の天銀堂事件。その事件の容疑者とされていた椿元子爵が姿を消した。「これ以上の屈辱、不名誉にたえられない」という遺書を娘美禰子に残して。以来、どこからともなく聞こえる“悪魔が来りて笛を吹く"というフルート曲の音色とともに、椿家を襲う七つの「死」。旧華族の没落と頽廃を背景にしたある怨念が惨劇へと導いていく――。名作中の名作と呼び声の高い、横溝正史の代表作! !
    ********************

    暗くどろどろしてる上、どのひととどのひとがどう繋がってるかとかがややこしくて途中ちょっと考え考え読みすすめた本でした。
    でもドラマ化されててそれを見てたので、犯人は知ってたんですけどね。
    残忍な犯人だろうと、人間を失格していようと、発狂していようと、それでも私は東太郎が好きだったなー。
    犯人とわかってからまた別の意味で好きになった。小夜子を一途に愛する治雄として。
    でもなんでこうもことごとく、気に入ったひとは犯人なんだ?とちょっと思う。
    横溝作品の中でも好きなほうかも。
    こんな分厚いの読めるかな、なんて心配は少しも要らなかったし。
    面白くてあっという間に読めた。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.07.07 Saturday 01:25

    悪魔の寵児


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    胸をはだけ、乳房をむきだしに折り重なって発見された男と女。既に女は息たえ、白い肌は不気味な死斑が浮き出ていた……。情死を暗示する奇妙な挨拶状を遺して死んだ美しい人妻。不倫の恋の清算なのか?闇行為で財を成した実業家の周辺に次々に起こる猟奇殺人事件――亡霊のように現れる〈雨男〉、消えた死体の謎とは!
    ********************

    金田一耕助氏負傷ですよわあああ。
    にしてもなんか金田一耕助の出番少なかったような気がしますねえ。
    そもそも登場からして遅いし。
    そのかわり三ちゃん出しゃばってたけど。三ちゃんあんまり好きじゃないし。
    朱実が犯人じゃないかなんて花住は考えてたわけですけど、見事に外れました。
    それにしてもまたもやさりげなく等々力警部が出てきているのも若干気になりますな。
    今度は相棒ときてますし。
    いやしかし犯人が雨男だけに、暗くてじめじめした事件というか、話の展開でした。
    早苗さんは大人しくて古風で今回のヒロイン的存在だと信じて疑わなかったのに。
    深いです。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.07.05 Thursday 11:56

    悪魔の降誕祭


    横溝正史
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    金田一耕助の探偵事務所で殺人事件が起きた。被害者は、その日電話をしてきた依頼人だった。彼女は、これから殺人事件が起きるかもしれないと相談に訪れたところ、金田一が戻ってくる前に青酸カリで毒殺されたのだ。しかも、その時、十二月二十日であるべき日めくりのカレンダーが何者かにむしられ、十二月二十五日にされていた。降誕祭パーティーの殺人を予告する犯人とは―(表題作より)。そのほか「女怪」「霧の山荘」の全三編を収録。本格ミステリの最高傑作。
    ********************

    短編3本からなるこの本。
    『悪魔の降誕祭』『女怪』『霧の山荘』。
    『悪魔の降誕祭』にも『霧の山荘』にも何故だか女優さんというかなんだか有名な女のひとがでてきます。ついでに等々力警部も。
    『悪魔の降誕祭』から順に、金田一耕助は躁、鬱、躁みたいなのだったような…。
    『女怪』では金田一耕助像が音を立ててガラガラと崩れ去りました。
    金田一耕助って、女のひとには一切興味がないと思っていたので、誰かに惚れるっていうことがあるのかってことにまずびっくり。
    でもなんかとても潔くて、自分よりあっちのひとのほうがよっぽど虹子に釣り合ってるなと思うとすぐに見守る側にまわっちゃったりするし。健気だなあ。
    でも惚れてるばっかりに、いつもの金田一耕助らしさを失っていたというか、論理的な人間性を欠いていたというか。感情のまま突き進んでるように見えなくもなかった。
    こんな金田一耕助もいるんだという新しい発見です。
    しっかし金田一耕助のパトロン、久保銀造って名前しか登場しないですが、どんなひとなのかなってちょっと気にもなる。
    パトロンっていかがわしいやつだと思ってたんですが、そうじゃないパトロンっていうのもあるんですね。知らなかった。
    『悪魔の降誕祭』ではやっぱり終盤が見所ですかね。
    「いえね、由紀子ちゃん、あんたその紅茶飲む勇気がある……?その紅茶茶碗、いま由紀子ちゃんが警部さんのほうに気をとられているあいだに、このおじさんがこっそりと、ママさんの紅茶茶碗と由紀子ちゃんの紅茶茶碗と、おきかえておいたんだけど……」
    この台詞で、今まで伏せてあった犯人がいっきにわかるわけですね。
    なんかこういうの好きだ。
    でも金田一耕助は、これを由紀子が飲まないなんて思ってるわけないじゃないかと思うと、金田一耕助って一体どういうひとなんだ?と改めて考えちゃいました。
    『霧の山荘』は、特に印象の薄い作品だったような?
    それにしても金田一耕助と等々力警部って仲良しさんなんですね…。変な感じ。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.06.29 Friday 22:22

    悪魔の百唇譜


    横溝正史
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    東京世田谷区成城町の路上に置き捨てられた自動車のトランクの中から女の死体が発見された。その女は左の胸乳の下を刃物で鋭くえぐられていて、そこにトランプカードのハートのクイーンが血にまみれていた。殺されていた女は李泰順という中国人の内妻で、赤坂辺のナイトクラブで働いていた本郷朱実と分かった。その同じ日、世田谷区弦巻町の路上でも、置き捨てられた自動車のトランクの中から若い男の死体が発見された。被害者は高校生の園部隆治であった。園部少年との関係のあった流行歌手都築克彦は関係した女たちの唇紋を収集していた“百唇譜”とは…。奇怪な連続殺人事件の謎に挑む金田一耕助の秘策は。他に、「暗闇の中の猫」を併収す。
    ********************

    日本沈没読み終わった嬉しさで、猛烈な勢いで読んだ一冊。お久し振りです金田一先生!
    やっぱり好きだなあって。横溝正史。
    読者に推理させる気のなさそうな推理小説だなーとか思うのは私だけなのかな。
    でも好きだからいい。もともと推理小説ってそんなに好きじゃないし。金田一耕助に惚れたから読んでるだけってところあるので。
    それにしても金田一耕助は途中で仕事を投げてるような気がしましたよ。
    メランコリーだったり意気揚々としてたり。なんか浮き沈みの激しいおひとです。
    しかしなにやらちょっと納得のいかないラストだったかな、なんて。
    終盤に至って話がこんがらがった。
    さー次も横溝正史いくぞ。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.05.15 Tuesday 21:44

    死神の矢


    横溝正史
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    考古学者で弓の収集家としても有名な古館博士のむすめ早苗に三人の求婚者があった!高見沢康雄・神戸大助・伊沢透の三人の青年たちであったが、古館博士の提案は奇抜だった!それは波間に浮かぶハートのクイーンの的をヨットから射て、みごと成功した者が婚約者とされるというものであった!はたして、みごと的を射抜く者はだれか…!?的を射たのは高見沢であった!瓢箪から駒が出たのだった!冗談?が真実となった!?が、競技が終わったあと、三本の矢は何者かに盗み去られていた!そして、それが“死神の矢”に!バスルームの中でシャワーを浴びながら伊沢が、ついで神部が射殺された!?博士の奇行が招いた連続殺人の怪!他に、短編秀作「生ける死仮面」を併収す。
    ********************

    すっっっっごく金田一耕助かっこいいですよこの本では!!
    『死神の矢』と『蝙蝠と蛞蝓』の二本立てのこの本。両方かっこいいんです。ほんとにかっこいいんです。しつこいですが本当にかっこよかったんです。
    オネスト・ジョンの前に立ちはだかる金田一耕助が本当に舞台役者みたいで。
    声張り上げる金田一耕助は珍しいですけどかっこいいんですよほんと。というかそんな大きい声出せたんだ、みたいな。
    惚れ直します。いっつも飄々としてにこにこっとしてるだけじゃないんだあ、って。
    二話目は二話目で金田一耕助は外のひとって感じで。ちょっと新鮮っていうか、違う角度から見た感じ。
    湯浅さんは嫌いだった蝙蝠を好きになってますしね。あれ絶対金田一耕助に惚れましたよ湯浅。
    金田一シリーズのなかでもおすすめかもしれないですね。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.05.01 Tuesday 20:42

    不死蝶


    横溝正史
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    長野県下の湖畔の町、射水で両大関といわれる名家の玉造家と矢部家とは先祖代々に亘る仇敵の間柄であった。その射水に向かう列車の中にはかの名探偵・金田一耕助が、お釜帽から蓬髪をはみださせたいつに変わらぬ衣装で、大いなる好奇心をかき立てられていた。なぜなら、“来てはならぬ”…という一種の脅迫状を受けていたからであった。矢部家の次男英二が玉造家の娘朋子の手で鐘乳洞の中で殺されるという事件が起きたのは二十三年前のことであったが、その朋子の無実を明かすべくブラジルからコーヒー王の養女となって“新シンデレラ姫”といわれる日系二世の鮎川マリなる女性がやって来ていた。鐘乳洞の中でふたたび次々と殺人が。頬に傷を持つ男とは。金田一の推理は…。
    ********************

    『不死蝶』
    長さの割にひとがたくさん出てきた気がして、覚えの悪い花住は全然ひとの名前を覚えられませんでした。
    英二?朋子?誰?とか考えつつ、頁を戻しつつ、たらたら読んでました。
    私は横溝氏を結構昔のひとだと勝手に思い込んでいるので、ブラジルがどうとか、カタカナの名前の登場人物が出てきたりとかするのがなんか新鮮。
    いや、新鮮ってか違和感ってか、ん?って感じ。別に悪い意味ではないんだけど。
    『人面瘡』
    金田一氏の活躍の余地はあったのか?という疑問を投げかけたくなる作品だった…かな?
    でも好き。なんか大好き。金田一耕助大好き!
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.04.24 Tuesday 15:56

    獄門島


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    獄門島――江戸三百年を通じて流刑の地とされてきたこの島へ金田一耕助が渡ったのは、復員船の中で死んだ戦友、鬼頭千万太に遺言を託されたためであった。『三人の妹たちが殺される……おれの代わりに獄門島へ行ってくれ……』瀬戸内海に浮かぶ小島で網元として君臨する鬼頭家を訪れた金田一は、美しいが、どこか尋常でない三姉妹に会った。だが、その後、遺言通り悪夢のような連続殺人事件が! トリックを象徴する芭蕉の俳句。後世の推理作家に多大な影響を与え、今なお燦然と輝く、ミステリーの金字塔! !
    ********************

    なんだか金田一耕助が可哀想なはなしでした。
    金田一耕助は確かに事件の犯人もトリックも暴いたわけだけど、でも結局それは全てが終ってからだったわけで。
    和尚さんは、自分の負けだ、みたいなことを言ってたけど、金田一耕助はそんな『勝ち』は全然嬉しくないんだろうな、とか。
    金田一耕助は、もし自分があのとき気付けてたら、みたいなこと思ったりして後悔してぼろくそに落ち込んでますが、それって無理なこと言ってないかなあ、なんて思ったりとか。
    そんな金田一耕助の心情にばっかり気が行ってた本です。
    中盤あたりの金田一耕助の台詞。
    「バカ、バカ、清水さんのバカ、あんたはとんでもない勘ちがいをしてるんです。ぼくはそんなものじゃない。ぼくは……ぼくは……」
    っていうのが、なんか可愛くて面白かった。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.04.22 Sunday 15:39

    犬神家の一族


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    信州財界一の巨頭、犬神財閥の創始者犬神佐兵衛は、血で血を洗う葛藤を予期したかのような条件を課した遺言状を残して他界した。血の系譜をめぐるスリルとサスペンスにみちた長編推理。(中島河太郎)
    ********************

    ストーリーを知ってるようで知らない、っていうのがこの作品だったような。
    人気があって、何度か映像化されているのはよく知ってるけど、内容なんか全然知らない、みたいな感じ。
    妙なマスクをかぶったひとがスケキヨさん、っていうこととか、死人が凍った湖でシンクロやってるっていうこととか、断片的にしか。
    横溝ファンとしてそれじゃいけない、と思い、ちゃんと読むことにしました。
    松竹梅子は美人三姉妹かと思っていたのですが、違ったのですね。
    読む前についていた、佐清の悪いばっかりのイメージも、読んでみたら全然違いました。
    むしろ好きになりましたよ、佐清さん。
    珠世さんも猿蔵も、怪しすぎです。
    面白かったので満足、というのもあるけど、やっとストーリーを知ることが出来たので満足、というのもある。
    確かに何回も映像化されるだけある作品でした。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 1 / 2pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.