2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2006.04.15 Saturday 18:22

    おしまいの日


    新井素子
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    三津子と忠春は結婚七年、夫婦仲よく、絵に描いたように幸せな生活を送っていた。ただ一つ、忠春が仕事で毎晩、深夜をまわるまで帰宅しないことを除けば―。忠春を案じるが故に、三津子は少しずつ正気の淵から滑り落ちてゆく。そしてとうとう「おしまいの日」がやってくるのだが…。新井素子の傑作サイコ・ホラー、待望の復刊。
    ********************

    『純粋』はときに『狂気』に勝る。
    そんな小説かな、と。
    でもはっきり言って、この主人公は嫌いです。
    自分の周りにあんまり興味のない人間、っていうのが小説の登場人物に関わらず、現実の世界においても嫌いなんです。
    しかもなんかこのひと、自分だけが可哀想なひとみたいなつもりでいるように思えちゃって。
    だから苛々して途中で読むのやめてしまおうかって思ったけど、もしかしたら最後に面白い展開が待ってるかもしれない、と思って最後まで読みました。
    なんていうんですかね、これは。
    ストーリーだけじゃなくて、文体というか、それもちょっと私としてはすきじゃなかったかなあ。
    まああくまで私個人の意見な訳だけど。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 1 / 1pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.