2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2009.07.15 Wednesday 01:02

    暗黒童話


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    突然の事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。臓器移植手術で死者の眼球の提供を受けたのだが、やがてその左眼は様々な映像を脳裏に再生し始める。それは、眼が見てきた風景の「記憶」だった…。私は、その眼球の記憶に導かれて、提供者が生前に住んでいた町をめざして旅に出る。悪夢のような事件が待ちかまえていることも知らずに…。乙一の長編ホラー小説がついに文庫化。
    ********************

    久々に読んだ気がする乙一。
    後書きがおもしろかったです。

    グロい場面がそこここに出てくるけどなんだか淡々としていて、映像にしたら結構えぐそうだけど文章だけだとそんなに。
    まあ気持ち悪さで勝負しようとしてるわけじゃないからでしょう。
    まさにそんなとこが童話って感じで。

    本編より『アイのメモリー』のほうが好きだったってゆうのは大きい声じゃ言えません。
    アイのメモリーってつまり、eyeのmemoryなんですよね。乙一ぽい。
    乙一特有の内気な主人公、これがやっぱり好きになれない。
    主人公が内気だとストーリー展開が遅い。気がするんです。
    途中なかだるみ?というか退屈で眠くなったのは私だけだろうか。
    中盤から終盤にかけて若干見え隠れする伏線はよかったかと。
    三木俊は、京子なのか住田なのか?
    ぐらいには絞って読めるくらいでちょうどいいです。私は好き。
    あほかってくらい超どんでん返しは、やっぱり好きじゃないですし。
    ま、これはちょっと見えすぎかなとも思ったりもしたけど。

    菜深の記憶は戻るの?戻らないの?でもそんなのはまあどっちでもいい!
    とか思っちゃったのも私だけだろか。
    どうでもよかったんじゃなくて、どっちもありだな、って。

    これもそこそこ好きだけど、やっぱり乙一は初期の作品が好きだなあ。
    神童も成長しちゃえばただの大人って、あれはほんとだったのかしら。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.11.21 Wednesday 10:49

    GOTH 僕の章


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    この世には殺す人間と殺される人間がいる。自分は前者だ―そう自覚する少年、「僕」。殺人鬼の足跡を辿り、その心に想像を巡らせる「GOTH」の本性を隠し、教室に潜んでいた「僕」だったが、あるとき級友の森野夜に見抜かれる。「その笑顔の作り方を私にも教えてくれない?」という言葉で。人形のような夜の貌と傷跡の刻まれた手首が「僕」の中の何かを呼び覚ます。彼女の秘密に忍び寄った彼が目撃するのは…。圧倒的存在感を放ちつつ如何なるジャンルにも着地しない乙一の、跳躍点というべき一作。「僕」に焦点した三篇を収録。
    ********************

    GOTH後編でございます。
    なんか前編より夜が変なひとに目付けられやすかった気がした。
    というか僕と仲良い(?)時点で既に目付けられてるみたいなもんですよね。
    『土』と『声』は文章トリック的な。大好きです文章トリック。
    ただ、『声』は内容の割に随分長く感じた。もちょっとコンパクトにしていいんでは…?
    まあ面白かったんですけどね。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.11.20 Tuesday 22:40

    GOTH 夜の章


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。
    ********************

    前から気になってた本。だけど、何故か買わずにほっといてました。
    読んでみたら面白い!
    ケド、夜はちょっと好きじゃなかった。かな。
    最後の最後夜の正体が明かされてちょっと好きになれた気もするけど。
    僕は好き。こうゆう変なひと好きだな。
    というか『春期限定いちごタルト事件』の小鳩くんと小山内さんに似てる気がする。
    犬の話が一番好きだった。
    さあさ後編も一気に行くぞ。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.10.16 Tuesday 19:02

    失はれる物語


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    目覚めると、私は闇の中にいた。交通事故により全身不随のうえ音も視覚も、五感の全てを奪われていたのだ。残ったのは右腕の皮膚感覚のみ。ピアニストの妻はその腕を鍵盤に見立て、日日の想いを演奏で伝えることを思いつく。それは、永劫の囚人となった私の唯一の救いとなるが…。表題作のほか、「Calling You」「傷」など傑作短篇5作とリリカルな怪作「ボクの賢いパンツくん」、書き下ろし最新作「ウソカノ」の2作を初収録。
    ********************

    なんか乙一が書く主人公って、陰険な子多いですね。
    とか思うひねくれた子は私だけかな。

    『Calling You』
    友達がいないリョウが頭の中で思い描いた携帯電話に、ある日突然電話がかかってきて…とかいう乙一らしいっちゃらしい設定のお話。
    出た暗い子…とか思いながらつらつら読みすすめて、読み終わった後には切なさが残りました。
    基本ハッピーエンドが好きな人間なんで。
    『失はれる物語』
    序盤から切ない。切なすぎる。残酷、とも言える。
    事故で、右腕の肘から先しか感覚がなくなってしまった主人公。
    生きているのは辛いけど、動くのは中指が一本のみでは自殺も出来ない。
    私はこんな夫を愛し続け、そして世話し続けることなんか出来るんだろうか。
    って考えると、なんだかとても辛い。
    先の見えない長い時間世話し続けることも辛いだろうし、世話してもらってありがとうもごめんなさいも何も言えない側も辛いと思う。
    こんな作品を書いてしまう乙一が残酷だ。
    『傷』
    他人の傷を自分に移せるスゴイ能力を持ったアサト。
    とても優しい子で、他人が傷つくと、自分も痛いような気になってしまう子。
    優しいばっかりに傷付くことも多いに違いない子が物理的にも傷ついてしまうのです。
    この話は読んでる途中が辛いけど、最後まで読みきるとなんだかほっとします。
    『手を握る泥棒の物語』
    ちょっとコメディタッチとゆうか。
    おもしろいのでなかなか好きです。
    『しあわせは子猫のかたち』
    サキさんの性格がなかなか可愛いです。
    目を離してる隙にアクションを起こしていて、見ている間には決して存在を現さない、ってゆう辺りがちょっとだけ『平面いぬ。』に似てるかな、なんて思ったり。
    サキさんが生きてたら、主人公とは出会ってなかったかもしれないし、出会ってても交流は持てなかったかもしれない。
    そう思うとちょっと切ない。
    『ボクの賢いパンツくん』
    これといって山もなくオチもない。
    『マリアの指』
    出だしはうんうんと思いながら読み…、中盤はちょっとぐだぐだ。あんたらいつまでマリアの指探してんの。いつまで同じこと繰り返すの。って思った。
    終盤になってやっと、おおぉって思った。やっとオチきたー!みたいな。
    中盤のぐだぐだに耐えて最後まで読めたら、面白い話だったと思う。
    『ウソカノ』
    なんじゃいこりゃあとか思いつつ。
    後書きじゃないんかい、みたいな。
    これまでの話に比べたら、ランクはちょっと落ちるかな、と。

    表紙なんかも味があって好きです。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.10.15 Monday 23:35

    ZOO2


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集その2。目が覚めたら、何者かに刺されて血まみれだった資産家の悲喜劇(「血液を探せ!」)、ハイジャックされた機内で安楽死の薬を買うべきか否か?(「落ちる飛行機の中で」)など、いずれも驚天動地の粒ぞろい6編。文庫版だけのボーナストラックとして、単行本に入っていなかった幻のショートショート「むかし夕日の公園で」を特別収録。
    ********************

    『血液を探せ!』
    タッチが軽い。しかも主人公がオヤジなので、好き嫌いがわかれるかも。
    私はどっちかっていうとあんまり好きじゃないタイプ。
    結末は一応知りたいけど最後まで読むのめんどいな、と途中思った。
    『冷たい森の白い家』
    なんかちょっと童話ちっく。グロいけどね。そんなに好きじゃない。
    『Closet』
    推理小説っぽいです。
    しかし語り手が兄だったとは。って最後にびっくりした。
    けど犯人が兄じゃないかっていうのは、ちょっと疑ってた。
    乙一は、そこはあんまり隠す気なかったんじゃないかな、なんて勝手な憶測。
    『神の言葉』
    これはちょっと好きかも。ていうかこの本の中では一番好きかな。
    でも小さい頃からここまで細々考えて育つ子もいないだろうなあ。と結構思った。
    『落ちる飛行機の中で』
    これはコメディと呼んでも良いのでは。
    注射しても死なないんじゃない?っていいうのはちょっとわかった。
    それにしても少年最強ですね。空き缶が味方してますもんね。
    変な話、っていうのが正直な感想。
    『むかし夕日の公園で』
    これも童話っぽい。けど、『冷たい森の白い家』とはまた違う。方向は一緒だけど、ちょっと分岐点が違うかな、っていうぐらいの違い。
    こういうのは結構好き。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2007.10.12 Friday 23:10

    ZOO1


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    何なんだこれは!天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され…(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。
    ********************

    何だこれは!っていうあおりが何だこれは。

    『カザリとヨーコ』
    双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され……。
    乙一のことだからなんか文章の中にトリックでもあるんじゃねえかと疑ってたケド、何のひねりもなく普通に終った。なんだ、って感じ。
    いじめと虐待の話は基本キライなのでこれはいまいち。
    『SEVEN ROOMS』
    これけっこう好きだった。けど、なんでこの状況が作り出されたのか、っていう理由が全くわかんなかったからそこはなんだかね。
    けどやっぱり兄弟愛は愛すべきものよね。
    『SO-far そ・ふぁー』
    これがいちばん好きかも。これが私の期待してた文章トリック!!トリック?
    これ本当は両親とも死んでて…っていう話かと思ってたらま逆なのね。ふたりとも生きてるのね。
    『陽だまりの詩』
    なんだかとても、気持ちがあたたまりますが、同時にとても切なくなりました。
    キカイがココロを学べる話です。そのせいで『私』はとても苦しみ、とても『彼』に感謝します。
    『ZOO』
    この話はイマイチよくわからんかった。
    ストーリー面での理解はなんとなくできたけど、だからなに?みたいな。失礼なこと言ってる感はありますが好きは好きです。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2005.10.19 Wednesday 22:52

    平面いぬ。


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    「わたしは腕に犬を飼っている―」ちょっとした気まぐれから、謎の中国人彫師に彫ってもらった犬の刺青。「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、動き出し…。肌に棲む犬と少女の不思議な共同生活を描く表題作ほか、その目を見た者を、石に変えてしまうという魔物の伝承を巡る怪異譚「石ノ目」など、天才・乙一のファンタジー・ホラー四編を収録する傑作短編集。
    ********************


    不思議な短編集。
    『はじめ』は、主人公とその友達が想像で作り出したはじめが、いつのまにか想像上の人物以上になってくる、という話。
    幼いときはなにも考えないではじめの存在を受け入れられたかもしれないけど、大きくなるにつれて、はじめは想像の産物なんだ、って考えるのが先に立つようになってしまって。
    ある意味切ない友情というか、恋というか。設定は変なのに(笑)、じんわりできるお話です。
    『BLUE』が私は一番好きです。
    テッドのために頑張るブルーが健気で一途で。
    いいと思うやつに限って上手く言えないなあ。
    『平面いぬ。』もその次に好きです。
    主人公の女の子の刺青の犬が肌の上で生きてる話です。
    父も母も弟も癌で、それぞれが自分以外のふたりが癌だってことだけは知ってる。でも主人公はみんなが癌だって知ってる。そんな奇妙な生活が暫く続く。
    けどある日みんなが自分が癌だってことを知って、有意義な生活を送ろうって決める。
    そして結局主人公を残して、みんな半年後に死んでしまう。
    それだけでも結構すごい話なんですけど、刺青の犬を加えることであんなふうにおもしろい話になるんだなぁって思うと、乙一はやっぱりすごいと思うし大好きです。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2005.10.10 Monday 00:07

    暗いところで待ち合わせ


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。奇妙な同棲生活が始まった―。書き下ろし小説。
    ********************


    表紙がこわい。タイトルもホラーっぽい。
    内容は、ぼろぼろのぼろきれになりそうなくらい泣いて感動しました。
    盲目のミチルと、無実の罪で警察に追われるアキヒロの妙な共同生活。
    本当に乙一氏の発想には感服するなあと思います。
    普通の話に、ぽとりと鮮やかな色のインクを垂らすがごとく素晴らしい着色をするのですね。
    どうやらこれ映画化されるようです。
    どんなのになるのか楽しみです。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2005.10.07 Friday 23:51

    死にぞこないの青


    乙一
    *********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現れた。ホラー界の俊英が放つ、書き下ろし長編小説。
    *********************


    これを読んで、いじめって本当にこんなふうにして起こるのかなあ、なんてちょっと考えました。
    生徒同士のいじめも、先生から生徒へのいじめも、どっちのほうが悪いとかないとは思うけど、この話では先生は理不尽すぎて、大人ってこわいな、とか作品に比べると凡そ暢気ではあるけれど、そんな感想を持ちました。
    だからかもしれないけど、マサオが先生に仕返しをしたときは、ざまあみろ、みたいに思った。
    多分こういう感想は不謹慎っていうか、ちょっとよくはないんだろうな。
    でもまあ、正直な感想はそんなところです。
    マサオにとってのアオは、きっと誰の心の中にもいるんでしょうね。
    マサオはたまたま小さい頃に死に掛けた経験があって、それがきっかけでアオが具現化したんじゃないかな、と思う。
    私にとっての『アオ』は、きっとまた違うかたちに歪んでいそうですが。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2005.10.03 Monday 23:40

    天帝妖狐


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    とある町で行き倒れそうになっていた謎の青年・夜木。彼は顔中に包帯を巻き、素顔を決して見せなかったが、助けてくれた純朴な少女・杏子とだけは心を通わせるようになる。しかし、そんな夜木を凶暴な事件が襲い、ついにその呪われた素顔を暴かれる時が…。表題作ほか、学校のトイレの落書きが引き起こす恐怖を描く「A MASKED BALL」を収録。ホラー界の大型新人・乙一待望の第二作品集。
    ********************


    『A MASKED BALL』と『天帝妖狐』のふたつの話からなるこの本。
    これの前に『夏と花火と私の死体』を読んでいたく乙一を気に入り、貧乏なのに勢いで買ってしまった本でもあります。笑
    まず『A MASKED BALL』。
    読んだときが中学生だったので、高校生のときに初めて読んでたらもうちょっと印象違ったかな、なんてことを考えます。特に深い意味なんかないんですけれど。
    本の解説にも書いてあったような気がするけど、インターネットの掲示板っていうものがある時代に、トイレの壁でも同じこと出来るよ的にやってのける乙一がスゴイです。発想がスゴイ。
    犯人が誰かなんて全然わかんなかったです。面白かった。
    お次は『天帝妖狐』。個人的にはこっちのほうが好き。
    これはホラーに分類出来そうですね?というかだから私はこの作品好きなのかな。
    淡々とした文から滲み出してくる澱のような空気。夜木の苦しみが、本から染み出てくるのです。
    暗いしグロいけれど、なんだかちょっとじんわりしました。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 1 / 2pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.