2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2007.09.01 Saturday 00:36

    憑神


    浅田次郎
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    時は幕末、処は江戸。貧乏御家人の別所彦四郎は、文武に秀でながら出世の道をしくじり、夜鳴き蕎麦一杯の小遣いもままならない。ある夜、酔いにまかせて小さな祠に神頼みをしてみると、霊験あらたかにも神様があらわれた。だが、この神様は、神は神でも、なんと貧乏神だった!とことん運に見放されながらも懸命に生きる男の姿は、抱腹絶倒にして、やがては感涙必至。傑作時代長篇。
    ********************

    正直者が馬鹿を見る、っていう典型な主人公、別所彦四郎。
    彦さんはとっってもいいひとで、自分の正しいと思うところを真っ直ぐ信じることの出来るひとです。
    私にはまず無理なんですが…。
    でも正義の塊といえど、読んでて「何だ、コイツ」みたいに思ったりするとこもないし、ただひたすら彦さんの人柄に惚れ込んでいくっていうか。
    貧乏神、疫病神、死神さえ彦さんの人柄に惚れ込んで、宿替えの秘儀なんか教えちゃったりする訳で。
    これは彦さんに運がなかったわけではなく、正直で正しかったが為に周りから浮いてしまっただけのことなんでしょうね。
    なんか後味のいい作品でした。
    難しい言葉も出てくるんだけど、全然わからなくなったりもしないし。
    是非読んで欲しい本。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 1 / 1pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.