2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2009.11.19 Thursday 18:22

    新釈 走れメロス 他四篇


    森見登美彦
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。
    ********************

    夜は短し歩けよ乙女」が結構気に入って、そういう訳で書店に尋常じゃないくらい積んであったこの本を迷いもなく即購入。
    「山月記」中島敦
    「藪の中」芥川龍之介
    「走れメロス」太宰治
    「桜の森の満開の下」坂口安吾
    「百物語」森鴎外
    の5篇からなります。この有名作を、なぜか京都の街によみがえらせているのです。作者はまったく何を考えているのでしょう。
    個人的には、走れメロスが一番好きかな。ドタバタコメディー!って感じですね。いかにも。
    桜の…はちょっと期待していたけど、ちょっといまいちだったかも。
    藪と百物語はちょっと読んだことなかったんでまずそこが気になってしまって面白いとか面白くないとかの評価がなんかちょっと下しにくい。
    森見作品はちょっと文体が特殊だと思う。
    はじめはそれが読みにくくて嫌いになりかけてたけど、結構面白いことに途中で気付く。
    というか、ちょっと古くて堅苦しい文体の割りに書いてる内容は阿呆だし。
    それに気付くのが遅かったけど、たぶん普通に現代の話なのかな。OPAとか出てきたしね。
    というわけでいちばん阿呆なメロスが一番面白かった。
    他にもどんどん森見作品読みたい。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 1 / 1pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.