2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2009.11.25 Wednesday 17:49

    月魚


    三浦しをん
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。
    ********************

    三浦しをんの作品を読むなら、一冊くらいBL的な本を読まないと駄目だろ。っていうか、一冊どころじゃなく読みたいだろ。
    風が強く吹いている」もBL的要素があるとか言ってるひともいたけど、私はそうは思わなかったなあ。
    まあこれもBLっぽい要素がにじみ出てるけど、ほんとにそうだとも思えないよな。
    三浦しをんの文章、もとから粗野だとは言わないけど、これはずっともっときれいに書こうきれいに描こうって意識してかかれたもののような気がする。
    たしかにそんな文章が雰囲気出して淫靡に思えるのかもしれない。
    一緒に布団並べて寝る、シーンが飛んで朝になる、が数回出てくるけど、その空白の一行に、読者の、もしかしたら作者のもだけど、妄想を詰め込もうとしてるような気がするのは…邪推?
    三浦しをんもBLが好きとかいうひと。たぶん普通の漫画読みながら、誰かと誰かが一緒に近くで寝てるシーンってだけで、変な想像と妄想してんじゃないか。それをこの作品で意図的にやらそうとしてんじゃないか。はは。考えすぎかなあ。
    でもまあ相手のこと考えただけで赤くなったり、髪の毛くしゃってしょっちゅうやる男同士って、あんまりいないよねえ。
    「水底の魚」ではなんというかもやもやもやもやもやもやもやしてて心がスッキリしないと。
    まとりあえず真志喜ちゃんは好きだ。
    「水に沈んだ私の村」のほうが高校生なだけ正直なんじゃないか?
    なんか、お互い好きなんじゃないかっていうのが、傍目にもわかる。
    ただそれを本人達はわかってない。
    瀬名垣は薄々わかっているのかもしれないけど、真志喜は絶対にそれをわかってない。そういう感情はいけないことなんだと、封じ込めようとしている?というか、高校生だからそこまで難しくはなく単純に、『好きな人に、告白もしてないのに好きな気持ちを知られたら恥ずかしい』、そのテの感情ではと。
    でもあんた、好きなのバレバレだよ、みたいな少女漫画的な。
    たぶん真志喜はそのままで大人になったのに、瀬名垣は隠すのが上手くなってしまったんじゃないかな。
    もともと真志喜はそういうの気付けないタイプだろうけど。

    なんてもどかしい本なんだ。
    ちょっとすっきりしないから、私みたいなタイプには向いていないと思われる。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2009.11.22 Sunday 13:08

    まほろ駅前多田便利軒


    三浦しをん
    ********************
    内容紹介
    東京のはずれに位置する‘まほろ市’の駅前にある便利屋「多田便利軒」に舞いこむ依頼はどこかきな臭い。多田と行天コンビの魅力満点の連作集!
    ********************

    風が強く吹いている」の三浦しをんの小説をまた何か他に読みたくなって、私がわざわざ古本でないのを購入。
    風が…よりはちょっといまいちだったかも。
    便利屋さんの多田と、そこに転がり込んだ行天という変な男。
    行天みたいな、自分をあんまり大事にしないばっかりに奇行に走る変な男は結構好きなんだけど、それって結構ラノベ寄りになるんですよね。
    でもなんていうか…このふたりって何気に歳くってるハズですけどなんかすごく若いひとみたい。大学生ぐらいみたい。
    だから、大学生で書けばよかったじゃんて思ってしまう。
    というかちょっと「魚住くんシリーズ」の魚住に似てるよなあって思ったけど断然魚住のほうが好きだ。好きすぎる。
    なんかなかなかスラスラと読めない本だったなあ。
    次は「月魚」が読みたいな。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2009.11.15 Sunday 20:11

    風が強く吹いている


    三浦しをん
    ********************
    内容紹介
    箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 走るってどういうことなんだ? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ! 「速く」ではなく「強く」――純度100パーセントの疾走青春小説。
    ********************

    スポーツモノの小説、青臭い小説、そんな薄ら寒いものが私は大いに苦手。
    面白いよ、とそんな感想を聞いても尚あまり読む気にはならなかったけど、カケルとハイジのBL小説だとかそのへんからあまりにも聞こえてくるから気になって読んでみました。
    結論から言う。BLではない。過剰妄想である。
    でも走と清瀬の程好い関係は好きだなあ。というか、アオタケ荘のみんなの仲の良さがうらやましくなっちゃうなー。
    なんか読んでると、ハナちゃんと同じ視点に立ったような気持ちになった。まあ、ハナちゃんは好きじゃないんだけど。
    スポーツ系の小説では定番の展開。誰かひとり故障者がいたり、一度はなんとなく喧嘩になったりとか、ちょっとやる気ないやつがでてきたり、厳しいレース展開になってきても僅差で勝利したり。
    別にそれが嫌で敬遠してきたわけじゃないけど、というか最終的に勝ってスッキリしてくれるなら全然いいんだけど。
    それにしても、キャラたちがみんな魅力的。
    最後箱根の本番に行き着くのにページ数が残りすぎで、「こんなに本番書くのにページ使う気?」ってちょっと眉をしかめたけど、全然必要だったのかもって思った。ま、正直それでもちょっとばかし長いような気もしたけど。でもたくさんページが必要ってのは、読んだらわかる。
    超シロート集団がそもそも箱根に出場するってコトが非現実的で、じゃあ箱根出場に向けて長年血の滲むような努力をしてきたひとたちは一体どうなるの?って正味思っちゃうけど。
    でも小説だからありなのかと思ってそこはあんまり深く突っ込まずに読みましょう。
    各中継地点に立って、前の走者が来るのを待っているときのやりとかも結構好きだし、やっぱりそのときの走と清瀬も好き。
    それにしても、清瀬の「ばかちんが!」みたいな台詞にちょっと笑ってちょっと引いた。笑
    ムサも好きだなあ。けっこう。
    三浦しをんの本、これからもたくさん読んでいこうっと。
    そう思える本。
    三浦しをん初心者にはかなりいい本かも。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 1 / 1pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.