2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2009.11.15 Sunday 20:11

    風が強く吹いている


    三浦しをん
    ********************
    内容紹介
    箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 走るってどういうことなんだ? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ! 「速く」ではなく「強く」――純度100パーセントの疾走青春小説。
    ********************

    スポーツモノの小説、青臭い小説、そんな薄ら寒いものが私は大いに苦手。
    面白いよ、とそんな感想を聞いても尚あまり読む気にはならなかったけど、カケルとハイジのBL小説だとかそのへんからあまりにも聞こえてくるから気になって読んでみました。
    結論から言う。BLではない。過剰妄想である。
    でも走と清瀬の程好い関係は好きだなあ。というか、アオタケ荘のみんなの仲の良さがうらやましくなっちゃうなー。
    なんか読んでると、ハナちゃんと同じ視点に立ったような気持ちになった。まあ、ハナちゃんは好きじゃないんだけど。
    スポーツ系の小説では定番の展開。誰かひとり故障者がいたり、一度はなんとなく喧嘩になったりとか、ちょっとやる気ないやつがでてきたり、厳しいレース展開になってきても僅差で勝利したり。
    別にそれが嫌で敬遠してきたわけじゃないけど、というか最終的に勝ってスッキリしてくれるなら全然いいんだけど。
    それにしても、キャラたちがみんな魅力的。
    最後箱根の本番に行き着くのにページ数が残りすぎで、「こんなに本番書くのにページ使う気?」ってちょっと眉をしかめたけど、全然必要だったのかもって思った。ま、正直それでもちょっとばかし長いような気もしたけど。でもたくさんページが必要ってのは、読んだらわかる。
    超シロート集団がそもそも箱根に出場するってコトが非現実的で、じゃあ箱根出場に向けて長年血の滲むような努力をしてきたひとたちは一体どうなるの?って正味思っちゃうけど。
    でも小説だからありなのかと思ってそこはあんまり深く突っ込まずに読みましょう。
    各中継地点に立って、前の走者が来るのを待っているときのやりとかも結構好きだし、やっぱりそのときの走と清瀬も好き。
    それにしても、清瀬の「ばかちんが!」みたいな台詞にちょっと笑ってちょっと引いた。笑
    ムサも好きだなあ。けっこう。
    三浦しをんの本、これからもたくさん読んでいこうっと。
    そう思える本。
    三浦しをん初心者にはかなりいい本かも。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2013.06.18 Tuesday 20:11

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      Amazon.co.jp(アマゾン)

      ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
      本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
      角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
      • - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://anachronismm.jugem.jp/trackback/210
       
      PROFILE
      NEW ENTRY
      CALENDAR
      CATEGORY
      SEARCH
      TRACKBACK
      FREE
      ARCHIVES
      PR
      MOBILE
      LINK
      OTHER
      ほしい

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.