2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2009.11.25 Wednesday 11:18

    陽気なギャングの日常と襲撃


    伊坂幸太郎
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!伊坂ブームの起爆剤にして、映画化で話題の「陽気なギャング」ここに待望の復活。
    ********************

    陽気なギャングたち再来!笑
    はじめは四人ばらばらに話が始まって、途中からそれがひとつになっちゃいます。
    初めに言うと、『幻の女』の顛末は?
    別に一連の話とは関係ないの?だったら別にこのままでもいいや。若干読み飛ばす癖のある私には理解し切れなかったので機会があればまた読み返します。
    今回は銀行強盗がメインでなく、誘拐がメイン。
    でも、成瀬さんが誘拐された女のひとを助け出そうとした理由は?
    最後のほうに、結局助けるのは女のひとの為じゃなくて、自分たちの為!みたいな隠れた動機があるのかと思いきやそうでもない。
    見掛けちゃったから気になる、では弱すぎるんじゃないのかなあ。好奇心たっぷりの少年探偵団じゃないんだから。
    それにしても響野さん、役に立たない度がどんどん増してるよ。
    ほんと好きすぎる響野さん!!
    一体この二冊の中で、どれだけの名言を生み出す気なんだろう。
    すごいのは響野さんであり、伊坂幸太郎でもあるけど、この響野さんなんか見てると、ほかの伊坂作品もどんどん読みたくなっちゃうなあ。
    今回はみんなの特殊能力が活かされてんだか活かされてないんだか。
    単純に何も考えずに読んだらものすごく能力が活かされてていい話に思える。けど、邪推しながら読むと、特殊能力使わすためにシーンをやりくりして上手いこと作ろうとしてるとも思える。
    けどまあ単純に何も考えずに面白く読んだらいいと思う。
    ふつう、一冊目が面白くて人気だったから二冊目も出してみたりすると、あんまり面白くなくなっちゃったりするけど、これは結構面白いと思う。
    みんな好きだけど、とりわけ響野さんが大好きすぎる。というか響野夫婦が好きすぎる。喫茶店に一度行きたい。そして結局雪子がいまいち好きになれずにいる。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2013.06.18 Tuesday 11:18

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      Amazon.co.jp(アマゾン)

      ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
      本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
      角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
      • - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://anachronismm.jugem.jp/trackback/216
       
      PROFILE
      NEW ENTRY
      CALENDAR
      CATEGORY
      SEARCH
      TRACKBACK
      FREE
      ARCHIVES
      PR
      MOBILE
      LINK
      OTHER
      ほしい

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.