2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2009.12.21 Monday 14:01

    迷路荘の惨劇


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    広大な富士の裾野近くに、あたりを睥睨するかのごとく建つ、豪邸名琅荘。屋敷内の至る所に『どんでん返し』や『ぬけ穴』が仕掛けられ、その秘密設計から、別名迷路荘と呼ばれていた――。金田一耕助は、迷路荘到着直後、凄惨な殺人事件に巻き込まれた! 事件解明に乗り出した耕助は、二十年前に起きた因縁の血の惨劇を知り、戦慄する……。斬新なトリックと溢れるサスペンス、巨匠横溝正史の長編本格推理! !
    ********************

    なんか…。
    ちょっと長かったな。
    で、ちょっと途中から読むの苦痛?になってきて、どんどん読むペース落ちてきたりしてて。
    なんだろうな。私には洞窟の様子が想像しにくかったのとか、あと横溝作品て何故か私には登場人物ひとりひとりの印象が異様に薄くなっちゃうから途中で誰が誰だかわかんなくなっちゃうっていうか、そんなこんなでどんどん読めなくなっていくっていうかんじ。
    読みにくい原因は横溝作品に共通でいくつかあって、ひとつはその登場人物の覚えづらさ、もひとつは時代背景が現代と違いすぎる、けど年代的には少ししか違わないし、作者はこの時代に生きたひとであって、作者の現代を描いたものだから、時代背景に対する説明はもちろんない、そして私にはその理解や知識がないぶん、雰囲気がいまいち掴みにくい。そんなところ。
    そんなこと問題じゃないぐらいの魅力が金田一耕助にはあるし、それが問題になんかならず面白くて一気に読めちゃうときが多いけど、今回はその悪い部分がよく出ちゃったかなあとか思った。

    まあここまで偉そうに書いてきたけどとりあえず。
    犯人に対する金田一耕助の冷たさがかっこよかったですね。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2013.06.18 Tuesday 14:01

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      Amazon.co.jp(アマゾン)

      ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
      本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
      角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
      • - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://anachronismm.jugem.jp/trackback/221
       
      PROFILE
      NEW ENTRY
      CALENDAR
      CATEGORY
      SEARCH
      TRACKBACK
      FREE
      ARCHIVES
      PR
      MOBILE
      LINK
      OTHER
      ほしい

      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.