2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2007.04.24 Tuesday 15:56

    獄門島


    横溝正史
    ********************
    内容紹介
    獄門島――江戸三百年を通じて流刑の地とされてきたこの島へ金田一耕助が渡ったのは、復員船の中で死んだ戦友、鬼頭千万太に遺言を託されたためであった。『三人の妹たちが殺される……おれの代わりに獄門島へ行ってくれ……』瀬戸内海に浮かぶ小島で網元として君臨する鬼頭家を訪れた金田一は、美しいが、どこか尋常でない三姉妹に会った。だが、その後、遺言通り悪夢のような連続殺人事件が! トリックを象徴する芭蕉の俳句。後世の推理作家に多大な影響を与え、今なお燦然と輝く、ミステリーの金字塔! !
    ********************

    なんだか金田一耕助が可哀想なはなしでした。
    金田一耕助は確かに事件の犯人もトリックも暴いたわけだけど、でも結局それは全てが終ってからだったわけで。
    和尚さんは、自分の負けだ、みたいなことを言ってたけど、金田一耕助はそんな『勝ち』は全然嬉しくないんだろうな、とか。
    金田一耕助は、もし自分があのとき気付けてたら、みたいなこと思ったりして後悔してぼろくそに落ち込んでますが、それって無理なこと言ってないかなあ、なんて思ったりとか。
    そんな金田一耕助の心情にばっかり気が行ってた本です。
    中盤あたりの金田一耕助の台詞。
    「バカ、バカ、清水さんのバカ、あんたはとんでもない勘ちがいをしてるんです。ぼくはそんなものじゃない。ぼくは……ぼくは……」
    っていうのが、なんか可愛くて面白かった。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2013.06.18 Tuesday 15:56

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      Amazon.co.jp(アマゾン)

      ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
      本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
      角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
      • - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://anachronismm.jugem.jp/trackback/4
       
      PROFILE
      NEW ENTRY
      CALENDAR
      CATEGORY
      SEARCH
      TRACKBACK
      FREE
      ARCHIVES
      PR
      MOBILE
      LINK
      OTHER
      ほしい

      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.