2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2006.10.23 Monday 00:37

    紫迷宮


    乃南アサ、近藤史恵、明野照葉、森青花、松尾由美、加門七海、新津きよみ、麻見展子、黒崎緑、篠田節子
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    乃南アサ、近藤史恵、明野照葉、森青花、松尾由美、加門七海、新津きよみ、麻見展子、黒崎緑、篠田節子が奏でる出逢いと運命のミステリー。
    ********************

    なんで買ったかって、表紙に加門七海の名があったからですよ!
    たったそれだけでも本を買う理由にはなります。加門七海大好きです。ほんとうに。
    『迷い子』は、『蠱』を読んで加門七海にはまった私には、加門七海の新しい面を見たような思いをさせられます。
    どんどん妙な世界に引き込まれていくような感覚がして、この話には飲み込まれてしまいそうでした。ああこわい。
    とりあえず順番には読まずに適当に選んで読んでました。花住のアンソロの読みかたっていつもそうです。
    『拾ったあとで』も面白かったですよ。
    誰が書いたんだろなーと思ってみたら、新津きよみの作品でしたよ。読んだことありますよそういえば新津きよみ。
    そのときはいまいちかな?なんて思ったけど、この話は面白かったです。
    はあとかふうんとかそんなことを言いつつ読む話。
    『マリアージュ』もなかなか。
    これといって何も盛り上がるわけでもないけど、ふうん、そうかあーみたいな。
    女流作家で面白いって思えるのは結構一部のひとだと思っているにもかかわらず女流作家のみのアンソロなんかを買ってる花住が既におかしい。けど面白かったから全てヨシ。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2013.06.18 Tuesday 00:37

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      Amazon.co.jp(アマゾン)

      ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
      本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
      角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
      • - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://anachronismm.jugem.jp/trackback/60
       
      PROFILE
      NEW ENTRY
      CALENDAR
      CATEGORY
      SEARCH
      TRACKBACK
      FREE
      ARCHIVES
      PR
      MOBILE
      LINK
      OTHER
      ほしい

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.