2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2007.08.09 Thursday 13:52

    ねこのばば


    畠中恵
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって?すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも…(「茶巾たまご」)、世の中には取り返せないものがある(「ねこのばば」)、コワモテ佐助の真実の心(「産土」)ほか全五篇。若だんなと妖怪たちの不思議な人情推理帖。シリーズ第三弾。
    ********************

    シリーズ第3弾。今回もひ弱い一太郎と、過保護な手代たちの楽しい本でした。
    『茶巾たまご』では、番頭さんがなにやら恐ろしいというか…。
    何で殺してはいけないのか、わからなかった。
    なにやら現代人のようなことを言いますね…。こわい。
    『花かんざし』では、妖たちがいっぱいわらわら出てきててなんか賑やかそうでよかったです。
    情景を思い浮かべるととっても微笑ましかったかな。
    『ねこのばば』も、『茶巾たまご』と同じくやるせない感じがして。
    人って…。みたいなことを悟りそうになります。
    『産土』が一番好き。
    ずっと一太郎のことだと思って読んでいたので、そうじゃないことに気付いてほんとにほっとしました。
    仁吉はなんでいないんだ?とか、旦那様との出会いはこうじゃないでしょー、とか、そこには気付いてた筈なのに…。
    前作では仁吉の過去について語られていたので、今度は佐助の番だったのですね。
    唯一ホラーっぽい感じでした。
    妖は出てくるのに、この作品は少しもホラーじゃないですからね。
    『たまやたまや』
    若だんな冒険の巻!!みたいな。
    出かけようとする一太郎を必死に止めようとする妖たちもなかなか愛らしいですね。
    とんだ目に遭った上いつものように寝込んだ一太郎と、おっきな雷を落とす兄やたちって、ほんとスタンスは変わらないなあと。微笑ましいです。
    相も変わらず仁吉も佐助も一太郎しか見えてないなー、と思いつつそんなところが面白いです。
    早く全部文庫版になっちゃえなっちゃえ。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2013.06.18 Tuesday 13:52

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      Amazon.co.jp(アマゾン)

      ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
      本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
      角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
      • - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://anachronismm.jugem.jp/trackback/79
       
      PROFILE
      NEW ENTRY
      CALENDAR
      CATEGORY
      SEARCH
      TRACKBACK
      FREE
      ARCHIVES
      PR
      MOBILE
      LINK
      OTHER
      ほしい

      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.