2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2007.10.17 Wednesday 18:19

    氷菓


    米澤穂信
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。
    ********************

    “省エネ”少年・折木奉太郎とその仲間達の話。
    他の本にはさまってたチラシ的なものを見て読みたいとゆう欲を掻き立てられて、即買いに行ったとかゆうのがこの本。
    紹介文みたいなんでは奉太郎はただのめんどくさがり少年かと思いきやそうでもないし、それどころか頭が切れるおりこうさんです。
    奉太郎と仲の良い、小さくて女顔で減らず口で手芸部の福部里志。私はこの子と奉太郎が好き。
    奉太郎と同じ古典部に入った、賢い名家のお嬢様、千反田える。とても頑固で、「わたし、気になります」と言って気にし出したことはとことん探求するエラい子。
    奉太郎の幼馴染、伊原摩耶花。可愛いケド毒舌。私的にはちょっと苦手。
    この4人が(最初は摩耶花を除いた3人だったケド)謎を解いてく青春ミステリー。多分。
    ミステリーって言ってもすごく小さいものです。少なくとも前半は。
    あれ、なんで?ああ、そっかそうゆうことかあ。みたいな。
    けど最後に少し大きめな謎を解き明かし、タイトル『氷菓』の意味もわかるのです。
    意味わかった瞬間、なんかとても切なくなりました。
    幼い頃のえるのように、泣きたくなった。ちょっとだけど。
    キャラクターはとても気に入ったんだけどストーリーのインパクトが弱いような気がした。謎もちょっと底が浅い。先が読めるとこもしばしば。
    けどまー面白かった。ヨカッタ。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    2013.06.18 Tuesday 18:19

    スポンサーサイト

    • Author : スポンサードリンク
    • 0
      Amazon.co.jp(アマゾン)

      ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
      本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
      角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
      • - | - | - |

      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://anachronismm.jugem.jp/trackback/91
       
      PROFILE
      NEW ENTRY
      CALENDAR
      CATEGORY
      SEARCH
      TRACKBACK
      FREE
      ARCHIVES
      PR
      MOBILE
      LINK
      OTHER
      ほしい

      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.