2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
    • - | - | - |

    2005.10.01 Saturday 23:28

    夏と花火と私の死体


    乙一
    ********************
    内容(「BOOK」データベースより)
    九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れることができるのか?死体をどこへ隠せばいいのか?恐るべき子供たちを描き、斬新な語り口でホラー界を驚愕させた、早熟な才能・乙一のデビュー作、文庫化なる。第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞作。
    ********************


    乙一の作品のなかでは、これが初めて読んだ本。
    『夏と花火と私の死体』っていうタイトルに引っ張られて買ってみて、買ったときは乙一の人気とか全く知らなかったんですよね。
    それで面白いからいろんなひとに貸してたらそのうち借りパクされて、改めて買い直したとかいうわたしにとってはいわくつきの本でもあるんです。笑
    スリルがあって、読んでてどきどきしました。早く先の展開が知りたい!!みたいな。
    でも実はふたつめの話の『優子』のほうが好きだったりします。
    ホラーみたいなミステリーみたいな感じが好きなのかな。所詮ホラー好きのホラーおたく花住ってとこですかね。
    というか政義サンみたいのがすきだった、とかゆうのもすごくあります。
    この本読んで、乙一大好きになりました。
    Amazon.co.jp(アマゾン)

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション
    角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER

    <<new | 2 / 2pages | old>>
     
    PROFILE
    NEW ENTRY
    CALENDAR
    CATEGORY
    SEARCH
    TRACKBACK
    FREE
    ARCHIVES
    PR
    MOBILE
    LINK
    OTHER
    ほしい

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.